化学療法の副作用・分子標的治療

がん治療をする場合に知っておきたい化学療法の副作用・分子標的治療

 

化学療法の副作用と対処方法

自分自身で判断できる副作用をご紹介しておきましょう。
治療した当日に起こるのはアレルギー反応・嘔吐・血管痛・便秘・発熱・吐き気などがあります。
一週間以内には、下痢・嘔吐・吐き気・食欲不振・だるさ・疲れやすさです。
1週間から2週間後には、胃もたれ・食欲不振・下痢・口内炎です。
3週間から4週間後になると膀胱炎・手足のしびれ・皮膚の角化・脱毛です。
検査でわかるタイプの副作用としては、1週間後から、腎障害・肝障害・白血球減少・貧血・血小板減少です。
 
化学療法の副作用があっても、生活上の工夫をすることで軽くすることはできます。
つらい症状を薬で抑えることも可能です。
高熱がでてきて白血球の中の感染を防ぐ機能を持っている好中球が減ってきたら自宅療法では危険です。
入院して抗生剤を投与します。ケースによっては好中球を増殖する薬を注射したりします。
 
想定される副作用をドクターから説明をうけておきましょう。
対処法に関して薬剤師や看護師と相談しながら自覚症状へ対応したり、
どのような検査を受けたりすればいいのかを聞いておきましょう。
自分の症状に合った対処法が見つかりやすくなります。
 

アレルギー反応

点滴を開始したら、すぐに痒みを感じたり発疹がでたりすることがあります。
重症化すると呼吸困難・不整脈・血圧低下を引きおこします。
アレルギー反応がでる頻度はそれほど多くありません。初めて投薬する場合が多いです。
アレルギー症状がでてきたら、医師や看護師に伝えて指示に従ってください
 


骨髄抑制

骨髄抑制とは、白血球・赤血級・血小板が減少する症状です。
その理由は化学療法によって血液をつくりだす役割がある骨髄の機能にダメージがあるからです。
発症する時期は化学療法を開始して1週間から2週間後です。
 
白血球の中で感染を防ぐ好中球が減少すると真菌(かび)や細菌に対する抵抗力が弱くなってしまいます。
皮膚・尿路・腸管・肺・口の中で感染症を発症しやすくなります。
 
好中球減少性発熱がでることもあります。
はっきりした感染の様子がないのに発生することを言います。
具体的には痰や咳がでたり、腫れが随所に見られたり、膿がたまったりします。
尿が濁ったり下痢があるときも注意しましょう。
 
対策としては、入院治療になることもあります。
うがいを励行して、トイレの後や食事の前にはしっかりと手洗いをしましょう。
シャワーや入浴をして体を清潔にしておけば感染予防ができます。
 
朝起きたときや眠る前や食事をしたあとは、口腔内を傷つけないように、
やわらかいタイプの歯ブラシを使って清潔につとめましょう。
 
退院したあとも、通院治療をする場合は人がたくさん集まる場所にはいかないようにしましょう。
マスクを利用して帰宅したらすぐに、うがいをしてください。手をキレイに洗いましょう。
感染症を防ぐためには、ケガをしないことです。急な発熱や寒気があれば警戒しましょう。
排尿するときに痛みがあるならば担当医師に連絡をするといいです。


がん治療
 

新着ページ